ブログ

ムカつく上司の撃退法

「嫌いな上司はいますか?」

 

こんにちは 人材育成トレーナー / モチベーションコンサルタントの高村です

いつもお付き合いいただき ありがとうございます

 

突然ですが 継続って大切ですね

一つ一つは小さなことかもしれませんが

積み重なるとデカい

人材育成って奥深いですね

 

さて 今回のテーマは・・・

あまり気が進みません

まるで自分のことを言われているようで・・・

「嫌いな上司はいますか?」

について考えていきたいと思います

 

部下の立場のみなさんへ向けたメッセージです

 

研修終了後に「高村さん ここだけの相談なんですが・・・」

と尋ねられるのが このテーマなんですよね

 

上司のみなさん

腹を立てながら読んでください(笑)

 

「部下を操作しようと褒めているのが見え見え」

「自分もできなかったくせに平気で部下を怒る」

「お前のためという押しつけばかり」

「被害妄想がひどく 思い込みで部下を追い詰める」

「部下の成果は自分の手柄 自分の失敗は部下の責任」

「自分の失敗を忘れて 部下を責める」

などなど

あぁ 恐ろしい

 

こういう場合どうしたらいいですか?

なんて質問がくる

よほどのことなんでしょうね

 

ただ わからんでもない

 

私も部下として同じような体験をしたし

恥ずかしいことに

自分がされて嫌だったことを部下にしてしまったこともある

 

一部の上司は除きますが

上司も一所懸命なんですよね

ただやり方が下手なだけかも

 

そこで視点を変えて考えていくのも一つ

自分が上司にして欲しい行動はなんやろうか?

それをしてもらおうとしたら

自分は上司に何をしたらいいやろうか?

 

こんな風に考えてみてはどうだろう

 

上司が頭ごなしに怒鳴ってきたときに

冷静に「大きな声で言わなくても聞こえています」

と反論するのも構いませんが

それよりも「どうやったら怒鳴らなくなるかな?」

と考えてみるのはどうでしょう

 

私は 全てを自分育成の糧にすることを薦めています

ちょっとキツい言い方ですが

『愚かな上司はあなたを成長させる材料だ』

 

そう捉えることができると

少しは感情が和らいでくるのではないでしょうか

 

そして必要なことは観察です

 

上司はいつも腹が立つ行為をしてくるわけではないはずです

1,000分の1くらいの確率で

あなたがして欲しい対応を まぐれでしてくることもある

そこを見逃してはいけません

 

いつも怒鳴る上司が落ち着いて指摘をしてきたときがチャンス

「そうやってわかりやすく伝えてくださると落ち着いて自分自身を振り返れます」

と伝えるのです

 

見方を変えると これは上司育成ですね

これができるようになると

周囲にあなたが認められるようになり

気づいたらあなたが上司になっているかもしれません

 

まぁ すぐにその状態になることは難しいかもしれませんが

対応しづらい上司に出くわしたときは

一歩ずつ 試してみてはいかがでしょうか

~自律型人財が生まれる『楽学メソッド』で人の可能性を探求する~
株式会社エナジーソース 代表取締役 高村 幸治
人財育成トレーナー / モチベーションコンサルタント

PAGE TOP