ブログ

コミュニケーションを円滑にする自分ネタ

なんでも意味なく聞いてくる上司がいます。

 

本人は、コミュニケーションのつもりなのでしょうが、

部下からすれば、ただの「尋問」。

 

こんなに聞いてくるんだから、

何かしてくれるのかなと期待してみたら、

ただ、「そうなの。」と言って去っていく。

「なんだったんだー-!」と言いたくもなります。

 

じゃ、今度はこっちがきいてやれって思って

対して興味もないけど、きいてみると、

「まぁ、いいじゃないか」ってはぐらかされます。

 

これでは、距離が縮まることはありません。

まずは、「まず自分から」を意識しましょう。

 

相手のことを根掘り葉掘り聞く前に、

自分から「昨日こんなことがあってね・・・」って

話していると「実は、私も・・・」って自然な流れで

会話が広がっていくものです。

 

そしてNGは「自慢話・武勇伝」。これを言う人は

何回も同じ話を繰り返します。

 

過去の成功にすがるのはやめましょう!

 

それより、「自らの失敗談」これが好感度を上げます。

それもできれば、お茶目に。

 

上司たるものという意識で、「いい話」「感動話」ばかり話していると

他の話がしずらくなりますし、ネタもすぐつきます。

 

失敗なら、ネタに困ることはありませんし、

自分ネタなら著作権フリーです。

どんどん使って、他のスタッフに癒しと笑いを提供しましょう。

 

また、いい話は、「これは、何か意図されて話されてる?」

と聞く姿勢を硬直させることも多いです。

 

失敗談なら、笑ってもらいながらも、

相手の学びにも貢献できる絶好の材料なんです。

 

あくまでも軽いノリで自分ネタを話しましょう。

 

さぁ、あなたは、自分ネタのネタ元を増やす行動を

していますか?

PAGE TOP