ブログ

仕事効率

人の集中力の最小単位は、15分です。

 

多くの時間ユニットは、
その倍数で構成されています。
 

小学校なら3倍の授業時間(45分)、

学生なら6倍(90分)のように。

 

仕事効率を考えるなら15分の倍数で計画しましょう。
 

ただ、覚えておいて欲しいのですが、

集中状態が途切れて同じ集中状態になるために、

必要な時間が15分かかるということを。
 
集中状態の時に電話がかかってきて途切れたとしたら、

元の状態にまで持って行くのに15分かかるということなのです。

ですから、誰からも邪魔されないようにすることも

大切な仕事効率を上げる方法なのです。

 

おすすめは早朝タイム。

誰も来ないし、電話もかかってきません。
 
そのほかに集中力を復活させやすい方法として、

①睡眠(15分〜30以内)
②有酸素運動
③瞑想(5分でも)

がよく知られていることです。
 
時間効率を大切にする

欧米のエグゼクティブが仕事中にジムに行くのは、

集中力を復活させて仕事効率を上げるためなんです。

ですから、結果さえだしていれば、

仕事中にジムに行っても、咎められることはありません。
 
そのほかに日本の就労事情で有効な方法は、
④仕事内容を変える!です。

 

企画書作りを30分、その後、資料作成30分、

またプレゼンフレーム作り(30分)などというように
小さな単位で仕事を達成させ、

充実感と達成感を感じるようにします。
 
そのことで集中力も仕事効率も上がるのでおすすめです。
 
さぁあなたは、15分でどんなことができそうですか?

PAGE TOP