パニック症が…

コミュニケーション・ブレイクスルー・セミナーで

どんなこと学べるんですか?

って質問が続いているのでもう一つ

    

☞ http://www.energy-se.jp

    

『パニック症状をどうやって克服するんですか?』

    

そもそも

克服っていう言葉自体が違うような…

    

たいていの場合

体に出てくる反応は

自らの体を守るため

    

それを克服するって…

なんか違うような気がしますね

    

話は変わって先日

あるクライアントから聞いた話です

    

彼女は狭いところが嫌いで

閉所恐怖症のような

症状があったそうです

    

ドライブに彼氏と出かけているとき

車のナビを見ていたら

ものすごく長いトンネルがあった

    

彼女 『絶対このトンネル避けてや!』

彼氏 『分かった分かった』

    

と約束していながら

そのトンネルに突入したそうです<

    

彼女 『約束したのになんで』

彼氏 『なぁ、パニックなってみて、どんなんなん』

(関西人全員がこういうノリではありませんので)

    

腹が立ち

パニックなったれ!!

そう意識を集中すると…

    

何も起こらない?

    

そうならないように

とするとそうなるのに…

    

そうしようとすると

そうならない

    

人の意識って

不思議なものですね

それでは

また明日

>なぜ今、おもしろくて、楽しい学びが求められているのか?

なぜ今、おもしろくて、楽しい学びが求められているのか?

現代社会では、情報の爆発的増加と技術の急速な進化が、働く人々に絶え間ない学習と自己進化を要求しています。この変化の激しい時代において、従来の学習方法だけでは、従業員の関心を引きつけ、継続的な学習意欲を促すことが難しくなっています。

そこで、学びのプロセス自体を楽しく、従業員エンゲージメントを高める「楽学メソッド®」が重要な役割を担っています。このメソッドは、参加者が積極的に関与し、楽しみながら学ぶことで、記憶に残りやすく、実践的なスキルの習得を促します。また、楽しい学習体験は、チーム内のコミュニケーションと協力を深め、ポジティブな職場環境を作り出すことにも貢献します。

このように「楽学メソッド®」は、従業員の継続的な成長を支え、企業の競争力を高めるための効果的な手段として、今、強く求められているのです。

ご相談に費用は一切かかりませんので、まずはお問い合わせをいただければ幸いです。(お話をお伺いし、オーダーメイドで目的にあった研修プログラムを作成します)