ブログ

可愛がられる部下

20150907

「育てたくなる部下の条件って何?」
こんにちは 人材育成トレーナーの高村です

いつもお付き合いいただき ありがとうございます
前回のテーマ 「成功するためのたった一つの条件」

またまた反響が多く 嬉しいかぎりです
どんどん ご意見ご感想お聞かせください

info△energy-se.jp(お手数ですが「△」を「@」にご変更願います)

までご連絡を お待ちしております
最近 若手社員さん向けの研修が続き

たくさんの刺激を受け 凄いなぁと思ったので

今回は 「育てたくなる部下の条件って何?」
そんなに難しいことではありませんよね
社会人になりたての頃

求められる1/10しか仕事ができなかった

残りの9/10は誰がカバーしてたの?

 

上司でしょう

 

だから上司は一人の部下を抱えると

19/10の仕事をするようになるのです

二人抱えると・・・

 

そう考えると

1日も早く上司の仕事を奪うことが部下の仕事では?
この自覚のある部下こそが

育てたくなる要因の一つかもしれませんね
昔のように

「背中で覚えろ!」「技を盗め!」

そういう指導をする時代ではないと言います

 

しかし伸びている人は・・・

そう 今の時代も背中で覚え 技を盗んでいるのです

 

「教えてもらっていません」

「そんな教え方時代遅れです」   

こういう言葉って

自分が成長できていないことを棚に上げた

負け犬の遠吠えに聞こえるのは私だけ?

 

勘違いはなさらないでくださいね

上司向けの研修では

「そんな教え方をするから人が育たないのです」

ってお伝えしています
いろんな見方があっていいのです

この見方もそのウチの一つ
最近の若い人 凄いですよ

どんどん上司の仕事を吸収している

我々はもっと頑張らないとね

PAGE TOP